WinCanについて

歴史と背景

background
main_1_ges

下水道管路施設用ソフトウエア

#1

WinCanは下水道管路施設調査ソフトウエアとして開発され、現在ではマーケットにおいて最も多く使用されるまでになりました。革新性の追及は「調査データへの理解を深める」ということが唯一の方法だと考えています。よりまた、データへの様々な解析は管路のメンテナンスの計画やパフォーマンスの向上につながっていきます。

発行ライセンス数

8,500+

業界でもっとも多く利用されているソフトウエアとして

Wincan Installed Base
trust

設立

27

1990年からスタート

言語

30

業界唯一のグローバルソフトウエア

テクニカルスタッフ

45+

ワールドワイドなサポートの提供。

調査基準・規格のサポート

30+

調査規格のオーソリティ

Japanese
Bitnami